いがれおだいすきブログ

五十嵐玲央くんが好きです♡

JOHNNYS' Experience(3/8 13:30)

 

日常生活を送っていると「いがれおだいすきブログなんてタイトルやっぱり恥ずかしいな。。。」と思うタイミングもあったりなかったりするのですが、現場で踊っているれおを見ると「いがれお! だいすき!」となり、タイトルで正しかったのだと思えます。今回のTDCでいまさら気づいたというかようやく不思議に思ったのは、れおが首を派手にぐるんと回したり手をめいっぱいパーにして踊っているとなぜわたしはこんなにも気持ちが高揚しめちゃくちゃハッピーになるのだろうかということです。なぜでしょう。ほんとうの理由なんてわからなくてもいいけど、いつか自分でもっともらしい理由をこじつけてみたいです。前置きが長くなりました、TDCの感想を書きます。

 

・A・RA・SHI 太鼓を脇にかかえるれお初見。この太鼓ってジャンベですか……?「時期尚早」のあたりを裏打ちで太鼓叩いてるれおがなぜかつぼにはまる。マンションにいた川崎皇輝さんがかっこよかった。

・SHAKEですれちがったときに黎さまとアイコンしてた! きょう観測した初やばれお

・Darlingおどってほしかった泣

・LYO  駆け引きがあった

・セブンメンが鉄の棒をふりまわす演目 鉄の棒をふりまわしてるの見て東西おもいだした(東西のれおというわけではなく東西の演目を)。ハイが合流してから踊るダンスがかっこよかった! 首が何回もぐるんってなってた。

・シンデレラガール マンション3階が見えなくて12階をさまよっていたら北川を見つけてしまった。

・チャチャチャ 北川の「明日が見える〜」の迫力

・ハニビ 北川の「笑って 笑って 笑って」の迫力

・キスミス 正気にかえってマンションを降りて地上の作間くんを見た

・One Love 記憶が……

・宙船 レポでセブンメンが宙船やるっていうのは知ってたけど、セブンメンで宙船っていわれたらバンドかと思うじゃないですか! 踊っててうれしすぎて興奮した(宙船で踊っているからうれしいというわけでなく、踊る時間が思っていたよりちょっと増えてうれしかった)。白と黒の衣装も似合っててかっこよかった!

世界に一つだけの花 和田くんかっこいい美青年。たつるにほほえみかけてたよ。

・シンデレラガール スケボーにのって前後ですれちがうとき黎さまとゆびさしあっててかわいい〜

川の流れのように なぜかスクリーンに抜かれないままはけるブランデン

・三味線ブギ 黎さまかっこよすぎるクリエでも三味線見たいレベル

・Tokyo experience お寿司にぎってなかった! でももともと振りがしっかりついてる部分なのでにぎらなくてもいいのかもと思ったり。もちろんにぎってたら見逃したくないですが!!!!!

・少年たち ジェシーが出てきて今年いちばんびっくりした。

・ネバマイ 片手にスケボー持ってるわりによく踊っててかわいかった、れおが

ジェシーとキャメロンの会話がかわいかった。ジェシーの発言(英語)に"Ya!"で返すキャメロンかわいかった。キャメロンスタイルも見られてよかった。

・Ben 下手でアコースティックギターを弾く黎さまに夢中。途中ではけるときに椅子をもちながら愉快なステップではける黎さまにも夢中。

・クラップアホリックス 頭上でクラップする作間さん大好き

・だぁ〜くねすどらごん ジャンベをかつぎながらも団体芸に軽快に参加していた印象。叩きながらもよく口を動かしており、「はしもっちゃん はしもっちゃん」の部分は特に面白かわいかった。

・忍者メドレー 楽しかった。BadNiceの安嶋さんがセクシーだった。プレイガールの黒田くんもよかった。そして稲葉くんがかわいい。今回は安嶋黒田稲葉の順で好きでした!

・otherside 踊ってる! わたしの双眼鏡ワークが成功して、れおが抜かれるところでスクリーンをしっかり見られて満足だった。抜かれたときにハイキックしてて好き!

・spの時間 和田くんが美青年すぎる

抱いてセニョリータ トランス状態の黎さまにスルーされるれお

・ハビドリ マンション2階にあじくろおりが降りてきたからそのあたりを見てた。なおのハビドリ冒頭すごかった(なおってずっと呼んでみたかった)。

・ライザップ セブンメンでてくるってきいてたのにいつまでたってもでてこないから、もしかしてマンション3階(見えない)にいるのか?と疑いはじめたところで出てきて安心した。手がめちゃくちゃパーでうれしかった。好きな動きがたくさんだった。

・世界が一つになるまで なんかおでんと意思疎通してたけどよくわからなかった。前田を思い出す。

・勇100 はじまった瞬間よっしゃ一発踊ってやるぜ的な感じでしゃかりきになにかを踊ったのにまわりの人の反応がなくてすぐやめててうけた。そのあとのれお:上手きてファンサする、センター付近にいる今野くんの肩を組んで(ちょっと輩っぽい絡み方だった)なにかをしゃべりかけたあと下手でファンサ、上手に戻ってきてファンサ、そのまま上手で黎さまとずっとなんかしてる(このあたりで目の前のオタクが興奮して視界不良気味に)、かなりはやめに黎さまと手をつなぐ、となりの大光とも手をつなごうとするけどなかなかつないでもらえない、テープ発射にたじろぐ。

 

思っていたより踊る箇所が多かったのだけど、それでももっと踊るパートがほしいな〜ほかの人のバックやるときもほとんどバンドになってしまうのが悲しいよね。踊ってほしい。ジャンベパフォーマンス、面白いし悪くないのだけど曲ごとにそんなにかわりばえはしないわけで、たとえばれおがジャンベ叩いているときに安嶋さんが踊っていてもジャンベを見るのかというと……これは難問。れおが踊ってたられおしか見ない自信があります! でもサマステもTDCも半分くらいバンドなのにこんなに楽しかったから、ぜんぶ踊ってくれたりしたら楽しすぎて死んでしまいそう。万が一全曲踊る日がきたらブログ名もいがれお溺愛ブログとかに変えたいと思います。ちなみにスケボーは、スケボーにのっているときにするお気に入りの動きがいくつかあるので、最近すきになってきました。あと大事なこと書くの忘れてた! アクロしてた! うれしい!

Myojo2019年4月号

今回のMyojoの感想は、れおは清い、これに尽きる。セブンメンのページは、メンバーそれぞれのヒミツをひとことで暴露していく企画なのだけど、まずれおが暴露する各メンバーのヒミツが穏やかで清い。克樹のヒミツなんてネガティヴなものを披露してもよさそうなものを、「俺も克樹も洋楽を聴く、今度マルーン5の話をしたいな♪(一部要約)」ですからね。マルーン5の話をしたいな♪ってかわいすぎないですか? しかもマルーン5ってところがいいですよね……! 唐突なマルーン5。しかしここでも無視されるかっチャンス(かっチャンス:れおが克樹のことをかっちゃんと呼ぶ可能性のあるタイミング)。ほかの人に対してのヒミツ暴露も、今野くんのバッグにはグミがいつも入ってるだとか、黎さまと一緒に音楽の話をして気が合うだとか、穏やかです。清い。さて一方、各メンバーから披露されるれおのヒミツはというと、こちらももちろん清い。れいあさんにいつもティッシュをあげるれお、みんなのお弁当を温めたり好きなジュースを買ってあげるれお……………パシリなのか!? まあつまり優しいのですよね。黎さまもそう言ってます。克樹が話しかけてもムシされるときがあるっていうのはいいれおかっちゃん。克樹、「まぁ気にしないけど、」って言ってるけどぜったい気にしてると思う、かわいいね。後輩の大光にだけプライドが高いっていうれいあさんが教えてくれた情報が面白かった! この情報って、さくたいれおまえ時代あたりにあきらかになってたことなのかな? 気になる!

 

Johnny's webに出現したれおまとめ

 

れおの名前/写真が載ったjweb連載の簡易的なまとめ(随時更新)

 

 

・9/19/2018 キスログ(宮田俊哉)「五十嵐」

・12/10/2018 とらまる(吉澤閑也)「五十嵐」

・1/4/2019 日刊なにわ男子(長尾謙杜)※写真

・1/25/2019 れん's days「E-GARIGON(五十嵐)」

・3/2/2019 あ〜ゆ〜こと ふぉ〜ゆ〜こと(福田悠太)「イガラシ君」

・3/14/2019 とらまる(川島如恵留)「いがらし(五十嵐 玲央/7 MEN 侍)」※写真

れおとかっちゃん

 

 

れおが克樹をかっちゃんって呼んでるテキストのまとめ(随時更新)

 

 

れお「オバケ役なのにかっちゃんかわいくなっちゃってるー」

かっ「がんばって怖くしないと」

(裏Myojo リターンズ/Myojo 2018年12月号)

「かっちゃん」の初出はMyojoの現場裏側漫画というまさかの変化球。それまでの呼び方はおそらく本髙→克樹。克樹って呼んでた期間はおそらくごくわずかだと思う。大光かなんかの影響をうけて克樹って呼んでるのかなーとかのんきに考えてたら、彗星のように「かっちゃん」が登場してひっくり返った。初出なのに(そんなこと漫画家さんが知ってるはずもないが)、注釈がないですね。まあオバケやってるのはれおかっちゃんしかいないので、流れから注釈は当然不要なのですが。

 

 

五十嵐「かっちゃん(本髙)は結構、自分で決めた行動を曲げないよね。自分の考えをしっかり持ってるから」

(POTATO 2018年12月号)

 りねぽんれお対談にて。注釈あり。この対談は面白かった(面白かったのにこのブログに記録できてない)。まず見出しが「普段何も言わない五十嵐がついに…!」ですからね。さすが見出しの五十嵐。この回はれおかっちゃんが豊作ですよ。

菅田「五十嵐はオレたちに”もっとこうして”っていうのはないの? いつも発信してこないから教えてほしい」

五十嵐「うーん……じゃあ…。かっちゃんは歌のクセが強いよね」

(中略)

菅田「あれがいいって言ってる人も結構いるからね」

本髙「そうだよ! 結構いるから」

五十嵐「あ、そう…」

(同前)

 名テキストだなーー

 

 

五十嵐「おまえのターンは終わってるの(笑)! かっちゃんは?」

(月刊テレビガイド 2019年3月号)

 ちなみに「おまえ」がさすのは今野さんです。対談中の克樹の名前表記は「克樹」でなくて「本髙」なのに、かっちゃんに(本髙)って注釈入れない月刊テレガイさん強気! オタクしか読まない想定! って一瞬思いかけたけど少し考えたのち、かっちゃんの「か」はもとだかの「か」である可能性もゼロではないなと新たな視点がわたしのなかにうまれました。月刊テレガイさんありがとう。ていうかこの回、れおがトークをややまわしているように見えてすごい。ちなみにちなみにかっちゃんはこのあと女子にどつかれたエピソードを披露します。

 

 

 

 

Myojo 2019年3月号

振り向いたら…キミにいてほしい‼︎

チョコにまつわる7つのクエスチョンで、オトコゴコロを徹底調査‼︎

恋する乙女たちのために、7人の侍が立ち上がった〜!

 

 「恋する乙女たちのために、7人の侍が立ち上がった〜!」がやばいのはもちろんのこと、「振り向いたら…キミにいてほしい‼︎」がなかなか唐突ですよね。ていうか「恋する姫たちのために」ではないんだね。

ところで、れおの振り向きざまの顔、面白すぎないですか? 面白すぎる。。。なんて顔して振り向いてるんだ。

 

イントロダクションの通り、7つの質問にそれぞれが答えていく形式です。さっそく見ていきましょう。

 

「バレンタインにもらうチョコは、手作り派?or 買いチョコ派?」

れお「チョコより手作りクッキーのほうがいいかな」 

「告白は手紙派?or メール派?」

れお「SNSに頼るのはダメでしょ〜! 告白とは、直接伝えるもの!」

「チョコ以外のプレゼントは欲しい派?or いらない派?」

れお「マフラーとか残るものが欲しい。手編みもうれしい!」

 

こういう企画でのコメントに対して感想を書くのって難しい。書かなくていいんだろうな。でもあえて書くならば、というかこういう回答をわたしが見て思うのは、クリティカルシンキングをしているのかってことです。「告白は直接!」「手編みのマフラー」っていうのは、「履歴書は手書き」「本は紙」っていうのと同じだと思うんです。そういうことを言うのは結構ですが、自分がそういうふうに言うに至った思考のプロセスを考えたことがあるのかと問いたい。ていうか、単に既存の規範をなぞったものを「自発的な欲望です!」みたいに主張するのをわたしは好みませんね。でも、ここからが本題ですが、わたしがれおに求めてるのはクリティカルシンキングじゃないので、インタビューの内容はどうでもいいです。仕事に関係のある類のものならまだしも、今回のような恋愛がテーマのものは特に。わたしはれおの思考ではなくダンスで好きになったので。れおの踊りはクリティカルダンシングって感じがするし(適当)、それだけでわたしには十分です。上に書いたクリティカルシンキングがどうこうっていうのは、ほぼ私怨です。たまたまドル誌のテキストで私怨が呼び起こされただけ。最後に今回いちばんかわいかった部分を載せて終わりにします!

 

「チョコの味は、ミルク派?or ビター派?」

れお「完全にミルク派! でも、虫歯予防のために食べすぎないようにしてる」

 

Johnny's King&Prince Island(1/20 17:00)

 

キンプリアイランドの感想をれお中心に。れお>北斗>安嶋>しめ=黒田 くらいの感覚で見てた。箇条書きの順番は大まかだしたぶん違うところがある。例によって特に主語がないのはれお。

 

・オープニングで見つけた瞬間にうれしくてにこにこしてしまった(わたしが)。れおを見る機会があるたびに「これは好きになって当たり前!」って思う。オープニングはれおもにこにこしてた。

 ・絆〜輝きの日々

このあたり忙しかった(わたしが)。すとだー!って思って北斗くん見てるとれおもいて油断できない。なにがどうなったかわからないがいつのまにかれおが黎さまと一緒に土台を押して出てくるところは最初からばっちり見られた。土台を持ちながら、れおが黎さまの目を見て、そのあとにこにこ笑いかけてた。黎さまもにこにこしててかわいかった。ここからさらにあたふたして順番がなにもわからないが、れおがはけるのを見ながらも北斗くんのフライングをチェックし、北斗くんが輝きの日々で機敏に踊るのも、トラジャの登場も、れおがボンゴとコンガを陽気に叩くのも、すべて見ました。順番は合ってないと思う。輝きの日々を踊る北斗くんがとても輝いていて、これは北斗くんを見なきゃなととっさに判断したけど正解だったと思う。機敏な北斗はいい北斗。れおがボンゴとコンガを叩いているということはもちろん聞いていたけれど、こんなに陽気に叩いているとは。。。れおの斜め前にいる黎さまに呼応したフィーリングによるファニーなパフォーマンスだった。ディズニーランドにいそう(?)。あと絆かな?わからないけどれおを双眼鏡で見てたら踊る北斗くんが視界にカットインしてきてお得だった。

・In your life

安嶋さんがでんぐり返ししてた。あじくろひやまがひとかたまりになってて見やすかった。慎太郎が楽しそうに踊ってた。

ダウンタウン

だれとなにしてるとか覚えようと思ったんだけど曲がはじまってからのりのりなのがかわいすぎて全部わすれた。終始のりのりだった。途中で下手で本格的に踊ってたけど、侍ラインは踊らない部分だったのかな?とほかの人のレポを見て思ったりしました。ダウンタウンのところでめちゃくちゃ首ぐるんってしてた。あと「はいチーズ」のところでうなずきながらズドンしてたのが超かわいかった。たまに象に隠れて見えないときがあったけど、ダウンタウンほんとずっとかわいかった〜〜

・Dancing Star

「俺ももうすぐはたち」だっけ? れんれんかわいい。髪型が清原翔を意識した(とわたしが勝手に思ってる)くるくるから、サラストになっててこっちのほうが断然好み!ダンスはなんか思ってたのとすこし違ったかも! れお、「始まってく Dance!」のときにひとりで音ハメして勝手な動き入れてるぽいのが好きだった。虚空をノックするような動き。

ヒンデンブルク

カメラマンれおがレポーター藤井を見捨てるのが早すぎて笑った。しかも走るのが速い。カメラマンが逃げてもういないので藤井がいくらしゃべってももう何も届かない。

・けんか

いがりさんにぼこぼこにされてた。ほかはなにもしてなかった(ほんとになにもしてなかった)。

・海人ソロ

あじくろしめが一度に見られるフォーメーションで助かった。

・檜山と黒田

1幕最後、檜山を見るか黒田くんを見るか非常に迷い、最終的に下心が勝って檜山を見ていた。どっちも顔かわいかった。

 

・シンデレラガールの衣装、幼く見えてかわいい。

・私服風衣装の安嶋さん、さらに小柄に見えてかわいい。途中から出てきた作間さんがかっこよかった。

・HiHi Jetのときマット補助中にやばくなるやばなに手こずる和田さん。れおの一瞬の出番の位置もその近辺だから見やすかった。

・ここらへん絶対に順番ちがう。でもとりあえず書く。平野バトン。曲芸師大光を見た瞬間、これが噂の!っておもってじゅりを探したらセンターでジャグリングするじゅりがそこにいた。衣装のタキシード似合っててかっこよかった。この出番、なんて言われて作られたんだろう。それとも最初からもともと台本に書いてあったのか。いろいろ想像すると笑う。

・滑車

滑車を引っ張って移動させてるのみて体育会TVのタイヤ引きを思い出した。最後ローテが補助のこちらから見て右側、そしてれおの滑車自体が最上手にあったので、終わりのポーズでグーにした右手しか見えなくて悲しいながらも少し面白かった。

・胸に王冠マークの衣装の曲

最初しめかけくんを双眼鏡で見てたられおが視界にカットインしてきて焦った。れおは岸くんの後ろにつく感じで移動してたかな。

・Brave Soul

バスケのためにポジション移動するときにれおがハイキックしてたー! ブレイブソウルで盛り上がる(盛り上げる?)れお。バスケパフォーマンスはじまる前に、上手で、指1本で回転させた状態のボールをじゅりがうみに渡してて(うみも指1本で受け取ろうとする)それをれおは見つめてた。そんなこんなであれこれ見てたらいつのまにかバスケ始まっててきづいたら北斗のソロダンクがちょうど決まったところだった。危ない危ない。バスケもうやらなくていいじゃんってたいして現場で見たわけでもないのに思ってるオタクだけど、バスケしてるすとやっぱりかっこいい。補助の安嶋さんが気になりつつもほぼ北斗およびすと見てた。

・マーチング

れおは最下手で太鼓。その斜め前で北斗くんがスネア叩いてて同時に見られてラッキー!って感じだったけど(こんなのばっかりだな)、単調だしずっと見てるものでもないなと思ってほかの人もちらちら見ていたら、前方にどんどん人が増えていってれおも北斗も最終的にぜんぜん見えなくなってしまって、旗をふるキュートなしめかけくんを見てました。あとスネアのじゅりの顔が案の定虚無だった。

・LGTE 安嶋さんが彫刻みたいだった。

 

・摩訶不思議

摩訶不思議の前?のとき、板が次々に移動して3人ずつあらわれるあれの、トップバッターのジェシーの表情がすごくよくて双眼鏡を構えようとしたらすぐに板で隠された。北ジェ慎が赤衣装、きょもゆごじゅりが白衣装。赤衣装組は、サマパラのLonely Dancerを思い出した。れおの一瞬の摩訶不思議は上手! かっこよかった!

・すと

すとの位置ここで合ってるのか? 階段ではじまるの好きだし、北斗くんは黒が似合うから黒衣装うれしい〜

・SAMURAI

ジェシーが「ネクストイズ7 MEN 侍」的なことを言う。れおは、たつる・平塚・わくとヘドバンしてた。あとたつるに指差しかなんかしてたよ。いろいろおわってれおが演奏に専念してるときに平塚がボンゴコンガの手前でポールダンス的な動きをしてた。れおをずっと見てたので矢花劇場にはノータッチです。

・平野球体

れお珍しく下手側に。れお向きの動きでかっこよかったです。

・トラジャリミックス

トラジャリミックスにつくというのを聞いていて楽しみにしてたら、最初うすい幕の後ろにいて、この状態で見続けなきゃいけないのかと思って絶望したけどそんなわけなかった笑 すぐ幕とれた。うみの土台が終わって立ちあがったあと、れおと大光がアイコンタクトして、そこからふたりともばきばきに踊るのがすごくすごく好きだった! 特にLock Lockの部分! いつかリミックスじゃないHappy Groovyを踊るれお見たいな〜(絶対派手に首をぐるんってやる)

・書道

書道の紙の上手側は川崎さんと平塚の2人がかりでおさえてるのに、下手側はどうして安嶋さんひとりでおさえているのだろうということがずっときになった。しかし黒い袴に身を包んだ安嶋さんはかっこよかった。

・寿司

寿司握ってないと思ったんだけど、20夜に侍全員握ってたってレポしてる人がいて落ち込み侍。。。握ってましたかね。。。れあれお背中合わせがかっこよかったです。

・LGTT

階段降りこんぴと隣。下手こんぴ上手れお。れおが一度大階段降りて、脇の小さい階段でまた踊り始めたタイミングで、センターにいる北斗くんを見たりなどしました。

九州男児

九州男児を盛り上げているれおの動きが好きすぎてその前の最上手→最下手→最上手の移動でやってたことを忘れた。れおが大移動してるとき北ジェじゅりがなにかしゃべってた。九州男児の応援は最上手。れおがリズムに乗って盛り上げているのを見てわたしも思わずリズムに乗ってしまったが(立ってたし)、すぐ我に返った。れおの前にいた慎太郎が九州男児の大きな人とダンスバトル的なことをして踊り狂ってたんだけど、そのうしろのれおもひそかにすごかったです。とくにだれと一緒にやるでもなくファンキーな動きをしている様子を見るたび、MCでしゃべれないって言われてる子と同一人物なのか不思議な気持ちになる。最後はやばれおで肩組んで、れおはハイテンションなまま、たまにやる弓矢のような指差しを中央に向けてやってきれいに幕がおりた。

 

Johnny's webに初めての登場!?

長尾謙杜くんのきょうの日刊なにわ男子の更新に、「東京Jr.と写真撮ったよー」という文とともにカウコン見学のときのれおの写真が!(ジュニアが全角なのは本文まま)

写真にいるのはれおから時計まわりに安嶋大西流道枝川崎皇藤井長尾! 

だれか帝劇期間中にでもれおの写真を載せてくれないかなって思ってたけど、まさか関西の子が載せてくれるとは! うれしい驚き! jwebに載せられる写真の基準にあまり詳しくなく、漠然と仕事のオフショットならOKという認識だったけれど、出演者がだれもいない見学者のみの写真でもOKなのですね。

この写真のれおの顔なんだか幼く見えてかわいい、そして安嶋さんが結構白いということに気づいた。

とにかくありがたい! これを機に「謙杜」をユーザー辞書登録します!(いまは謙遜+杜甫で入力してます)